2013年03月27日

5年間の株式投資で1千万円が無くなった話

私が会社を勤めていた時に、手元に1千万円ほど貯金がありました。

当時、そのお金で500万円ほど金(ゴールド)を買っていました。
(1g1000円ほどで購入していました。)

そして、残りのお金で株式投資を始めたのですが、
あの時、なにを血迷ったのか、買っていた金をお金に換金して、
全てのお金1千万円で株式投資を始めてしまったのです。

そして、ここから私の転落人生は始まりました。

まず株式を購入した数日後、
株式全体がナイアガラのように落ちていく事件が起きました。
この時、S安連続になるほどの株を2つほど購入していたので、
みるみるうちにお金が減りました。

他にも株式を買っていたのですが、全てが全面安になり、
わずか3日で200万円以上の損失がでました。

なんとか取り戻そうと株式のことを素人同然だったのに、
ゲーム感覚でやってしまい、他の者のいい鴨になり、
みるみる内に残金が500万円になりました。

この時、一番最悪な時期に株を買ってしまったので、
株式なんかやるんじゃなかったと思いましたが、もう手遅れでした。

その後も株式を買っては、会社が傾く所ばかりでどうしようもなく、
上がっていく株は皆無でした。

3年過ぎた頃、金1gの価格が、3千円以上になったと聞いた時、
本当に人生が嫌になりました。

あの時、株ではなく全て金に投資していれば、
3千万円以上になってたのにと悔やみました。
そして、金はもう上がらないだろうと思い、
株に投資していたのですが、最終的な残金は100万円となり、
とうとう株式から撤退しました。

残ったお金は、競馬で遊んだら全てのお金は無くなり、
その時の金の価格は1g5千円になっていました。

あの時、金の投資だけにしていればと悔やんでも悔やみきれないです。
これで私のお金で失敗した話は終わりです。

シティファイナンスジャパン
シティファイナンスジャパン
ラベル: 株式 資金運用
posted by kobaueno at 03:12| Comment(0) | 株式投資 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。